ニキビ跡の根本的解決は難しいと感じる私

http://nikibi.main.jp/(ニキビ跡って消えるの?赤みを消す方法を色々試してみましょう)

私は学生の頃から顔に思春期ニキビが出始めて、学校を卒業した今でも繰り返しニキビができてしまいます。おまけにそのニキビというのがけっこう目立つ場所にばかりできてしまうので、鏡を見てニキビを見つけるとまたかと憂鬱になってしまいます。

そしてまたニキビができているときにはなるべく触らないようにして、ニキビケア用品等を使ってケアしていくのですが、どうしてもニキビ跡ができてしまいます。ニキビケア専用の薬を塗ったり洗顔料をニキビケア用のものにして、丁寧に洗顔をしているので、間違ったケア方法ではないと思うのですが、いつの間にかニキビ跡が増えてしまうので悩んでいます。

なんとかニキビ跡を消す方法がないかなと思っているのですが、一度できてしまったニキビ跡を消すのは容易ではありません。シミやくすみとなって残ってしまい、顔色まで悪く見えるしまつです。
一応角質除去のクリームなどを使って対策していますが、根本からの解決は難しいなと感じます。

ポイントは塩分と油! ストレスフリーの健康ダイエット

一人暮らしを始めて1年もたたないうちに、体重が10キロも増加。
今までは余裕のあったジーンズが、パンパン。椅子に座ると、ウエスト部分のお肉が浮き輪状態。鏡をのぞきこめば二重あご。
これはいけないとダイエットを開始しました。
そこで目をつけたのは、今までの食事の「塩分」です。
外食をすると、やっぱり摂取する塩分は多くなります。なので、徹底的に自炊生活をしました。
3度の食事で小さじ何杯の塩を使ったのかも、体重とともに毎回ノートに記録しました。
すると、いかに自分の食生活が塩だらけだったのかが分かったのです。一日の摂取分をはるかに超える量の塩分を取っていました。

食事の量は減らさずに塩分を減らしたり塩分の排泄を促す野菜を多めに食べたりする食事にシフト。すると、増加した10キロが8か月できれいさっぱり消えました。さらに、続けると続けるほど体重が減ったのです。
塩分制限に慣れ始めたところで、次に注目したのは「油」。フライパンには霧吹きで油を吹きかけ、量を調節します。また、種類も、からだに良いといわれるオリーブオイルに変更しました。すると、今度は肌の調子もよくなり、吹き出物が減りました。
過度な食事制限のダイエットは続きませんが、塩分を減らしたちょっと薄味の食事に変えるだけの簡単ダイエットなら、ストレスも最小限で済みます。
いつもの醤油を減塩醤油に。ドレッシングを少なめに。炒めるより蒸す、茹でる。グリルで焼いて油を落とす。こうしたちょっとした意識が、健康的に痩せるダイエットには大切です。